MENU

photo

ルール&マナー

ルール&マナー

CRAでは皆様に1日楽しくお過ごししていただくためにルールを設けています。

安全管理について

エアガンは遊びの道具ですが、使用方法、管理方法を間違えば十分に危険なものです。
初めての方でも安全管理は徹底して守っていただきます。
自分を守るのは自分ですが、周囲の人の安全を守るのもあなたです。

その1

セーフティエリアでの安全管理を各自徹底して行ってください。
1.使用するガンのセーフティ(安全装置)を確実にかける
2.セーフティがかかっていてもトリガー(引き金)に指をかけない
3.マガジンを差し込まない
4.人に銃口を向けない

上記4点は必ず守ってください。

その2

モスカートやグレネード類の保管は必ずフィールド出入り口の保管場所に置き、セーフティエリアへは持ち帰らないこと。
暴発の危険性が極めて高い為、リロード、ガスの充てんも指定のエリアで行ってください。またリボルバー類の保管も同様に指定の位置にて行ってください。

その3

アイウェア(ゴーグル、シューティンググラスなどサバゲーにおいて目の保護をするもの)の装着は必ずセーフティエリアで行い一度フィールド内に入ったらセーフティエリアに戻るまで絶対にアイウェアを外さないこと。
フィールドの中では絶対にアイウェアを外さないこと。


上記安全管理について違反があった場合はスタッフが必ず厳しく対応をさせていただきます。
決して皆様のことが嫌いだからではありません。

ヒットについて

「ヒット」とは自分にBB弾が当たったことを示します。
ヒットの判定はすべて自己申告制となっていてプレイヤー各自が自分へのヒットを判定します。
BB弾が自分の身体、装備品、使用している銃などの当たった場合は直撃、跳ね返った弾に関わらず全てヒットとなります。
ヒットした際は大きな声で「ヒット」とコールをしてください。併せて手を振るなどのアピールを行います。
ヒットコールやヒットアピールが小さいとオーバーキル(ヒットしているのに撃たれる状態)が発生してしまいます。
またBB弾が当たったのにヒットコールをせずにゲームを続行することを「ゾンビ行為」といいます。
CRAで行うゲームは比較的に復活数の多いゲームを行います。復活がなくなってしまってもすぐに次のゲームを行います。
潔くヒットして復活、もしくは次のゲームの準備に取り掛かりましょう。
気持ちの良いヒットコールはサバゲーがより楽しくなるひとつのコミュニケーションです。

エアガンの威力について

定例会に参加していただく場合は必ず弾速チェックを行います。
法定初速を超えてしまった物に関しては発射不可の状態にてお預かりさせていただき、そのままの状態で返却させて頂きます。

ゾンビ行為(ヒットに関する不正)について

ゲーム中にヒットしたにも関わらずヒットコールをせずゲームを続行する行為をさします。
またヒットコール後の射撃や仲間との情報共有もゾンビ行為に含まれます。
うっかり敵の場所など伝えてしまう場面がよくありますが、ヒット後はヒットコールしかできません。
直撃、跳弾(跳ね返った弾)に関わらず体、装備に当たった場合はヒットですが相手も人間です。
すべての弾に正確に反応できるわけではありません。気付きやすい場所に当てる、気付くまで当ててあげましょう。
それでもヒットコールしてくれない場合は装備の特徴をスタッフまで報告してください。

プレイヤー同士の接触について

基本的にプレイヤー同士の接触は禁止です。
また相手のプレイヤーの持っているもの、身に着けているものも同様に触れないようにしてください。
知り合い同士であれば問題ありませんが、トラブルのもとになります。

フィールド内設置物について

フィールド内のバリケードや設置物に関しては安全に心がけていますが間違った使用方法をすることで危険を伴う場合があります。
通常登れない場所に上る、または飛び降りるなどすることで自分だけではなく他のプレイヤーへの危険につながってしまう場合があります。
ご自分の考えた方法が正しいかどうか一度考えてから行動してください。
わからない場合は必ずスタッフに確認を取り、スタッフの指示に従ってください。

スタッフの指示について

スタッフの指示や注意があった場合には快くご協力いただきますようにお願い致します。
理不尽な内容、粗暴な対応、意味が分からない場合はお手数ですが店長までご確認をお願い致します。

公序良俗に反する行為

最後に
皆さんエアソフトガンを使用できるということは世間一般的に大人ということです。
当日ご一緒されるプレイヤーの皆様、第三者の方が不快な気持ちになる行為、発言は絶対にしないこと。
当日一緒に参加している参加者の皆様がいてくれるからサバゲーをすることができます。あなた一人でサバゲーをして遊ぶことはできません。
相手に敬意と感謝の気持ちを忘れずに1日をお過ごしください。

レギュレーション

定例会レギュレーション

時間

10:00~16:00

参加条件

18歳以上でルールやマナーの守れる方
(高校生参加不可)

参加料金

男性3600円 女性2600円 学生500円引※学生証の提出必須

使用エアガン

CRAの定例会は基本的にセミオートメインでゲームを進行します。
セミオート対応のガンをお持ちください。
モスカート、グレネード類の使用は全般的に可能です。
記載のないものに関しては必ず運営スタッフに確認をお願いします。

使用BB弾について

直径6mm、0.20g以下の生分解バイオBB弾に限る。
・バイオと明記されていないもの(プラスチック弾、セミバイオ弾)または重量弾の使用が発覚した場合は当日ゲームの参加をお断りさせていただきます。(グループ参戦の場合は連帯責任となります)
重量弾の疑いがある場合は抜き打ちで弾の重量を測らせていただく場合がありますのでご了承ください。

チーム分け

朝礼後にチーム編成を行います。
チームカラー決定後各自マーカーを装着してください。
マーカーをお持ちでない方はフィールド準備のテープを使用して下さい。
チームバランスは配慮しますが極端にバランスが悪い場合はチームの移動、再編成をする場合があります。ご協力お願いします。

ヒットについて

BB弾が身体、装備品、使用しているガンに当たった場合はすべてヒットとなります。
大きな声で「ヒット!」とコールして下さい。その際手を振るなどして相手チームにヒットが分かるようにして下さい。

使用禁止品

× 0.21g以上の重量弾, プラスチック弾, セミバイオ弾は使用不可
× 流速チューンのエアガン
× エア/ガスの外部ソース
× HFC134/152,CO2以外の充填ガス
× 金属製の刃物(模型含め)など危険物
× レーザーサイト
× 音響グレネード

弾速

0.2gBB弾で99m/s未満(0.98J以下) 法定初速を順守
朝礼開始(9:45)までに弾速チェックを終わらせて下さい。
法廷初速を超えたガンに関しては終日お預かりさせていただきます。
その際無稼働状態に分解し、分解した状態でお返しします。
※チェックの際は3発以上の測定を行います。
※HOP調節をスタッフにて行わせていただく場合があります。

ゴーグルについて

・ゴーグルはフィールドに入る前に必ず装着すること。
また、フィールド内では絶対にゴーグルを外さないこと。
・レンズ/メッシュ/シューティンググラスなど種類は問いません。
・マスクやシュマグなどで顔や首周りの防御をお願いします。
ゴーグル単体のみでは歯が折れたりケガをしてしまう可能性があります。
フルフェイスゴーグルの販売、レンタルもありますのでご利用下さい。

セーフティエリア

・セーフティエリア内ではマガジンをガン本体から取り外し、セレクターは必ずセーフティの位置にしてガンの保管をする。(ライフル、ショットガン、ハンドガンに関わらず)
・セーフティエリア内では他人に銃口を向ける行為を禁止します。
・フィールドからセーフティエリアへ戻る際は、出入り口付近のドラム缶で玉抜きを行ってからセーフティエリアに戻る。
・セーフティエリアではモスカート、トルネード類へのガスの注入は禁止です。
所定の場所をスタッフに確認してください。

ゲーム内容

・シンプルなチームデスマッチやフラッグ戦が中心。
・その他、多数のゲームメニューから適宜セレクト。
・季節を問わずハンドガン戦を数ゲーム行います。

ナイト戦レギュレーション

時間

18:00~23:00

参加条件

18歳以上 ルール、マナーが守れる方
(高校生不可)

参加料金

男性3100円 女性2100円 学生500円引 学生証必須

使用エアガン

CRAの定例会は基本的にセミオートメインでゲームを進行します。
セミオート対応のガンをお持ちください。
モスカート、グレネード類の使用は全般的に可能です。
記載のないものに関しては必ず運営スタッフに確認をお願いします。

使用BB弾について

直径6mm、0.20g以下の生分解バイオBB弾に限る。
・バイオと明記されていないもの(プラスチック弾、セミバイオ弾)または重量弾の使用が発覚した場合は当日ゲームの参加をお断りさせていただきます。(グループ参戦の場合は連帯責任となります)
重量弾の疑いがある場合は抜き打ちで弾の重量を測らせていただく場合がありますのでご了承ください。

使用ライト

フラッシュライトは600ルーメン以下のものに限る
スタッフが綱領が強いと判断した場合は使用をお断りする場合があります。

チーム分け

各チームカラーのサイリウム(発光するマーカー)を装着していただきます。

ヒットについて

ヒットコール、ヒットアピールを行って下さい。
ナイトゲームでは視界が確保されていないためヒットアピールが通じない場合があります。
デッドマーカーの使用は自由なので各自ご準備お願いします。

使用禁止品

・レーザーサイト
・暗視ゴーグル
・サーマルビジョン
× 0.21g以上の重量弾, プラスチック弾, セミバイオ弾は使用不可
× 流速チューンのエアガン
× エア/ガスの外部ソース
× HFC134/152,CO2以外の充填ガス
× 金属製の刃物(模型含め)など危険物

弾速

0.2gBB弾で99m/s未満(0.98J以下) 法定初速を順守
朝礼開始(9:45)までに弾速チェックを終わらせて下さい。
法廷初速を超えたガンに関しては終日お預かりさせていただきます。
その際無稼働状態に分解し、分解した状態でお返しします。
※チェックの際は3発以上の測定を行います。
※HOP調節をスタッフにて行わせていただく場合があります。

ゴーグルについて

・ゴーグルはフィールドに入る前に必ず装着すること。
また、フィールド内では絶対にゴーグルを外さないこと。
・レンズ/メッシュ/シューティンググラスなど種類は問いません。
・マスクやシュマグなどで顔や首周りの防御をお願いします。
ゴーグル単体のみでは歯が折れたりケガをしてしまう可能性があります。
フルフェイスゴーグルの販売、レンタルもありますのでご利用下さい。

セーフティエリア

・セーフティエリア内ではマガジンをガン本体から取り外し、セレクターは必ずセーフティの位置にしてガンの保管をする。(ライフル、ショットガン、ハンドガンに関わらず)
・セーフティエリア内では他人に銃口を向ける行為を禁止します。
・フィールドからセーフティエリアへ戻る際は、出入り口付近のドラム缶で玉抜きを行ってからセーフティエリアに戻る。
・セーフティエリアではモスカート、トルネード類へのガスの注入は禁止です。
所定の場所をスタッフに確認してください。

ゲーム内容

・シンプルなチームデスマッチやフラッグ戦が中心。
・その他、多数のゲームメニューから適宜セレクト。
・季節を問わずハンドガン戦を数ゲーム行います。

利用規約

当フィールド(以下施設とする)利用にあたり、利用者(以下本人とする)は以下の規約を遵守するものとする。

第一条:責任

第一項

施設内での怪我、事故、盗難、その他のトラブルに関して一切の責任を負いかねます。

第二項

施設の利用中に施設、または第三者に損害を与えた場合は本人が賠償責任を負うものとする。

第三項

歳未満の参加は禁止とする。身分を偽り参加した場合のトラブル、損害の一切は本人およびその親権者が負うものとし、親権者への連絡を行うものとする。

第四項

貸切利用の際は第三項は適用されず、親権者の同意書があれば施設の利用を可能とする。その際の責任の所在は同意書に準ずるものとする。

第二条:利用料金

第一項

施設での利用料金はすべて現金での支払いとする。

第二項

貸切利用の際、本人の都合による施設利用自体のキャンセルの場合は施設利用料金を全額本人が負担するものとする。

第三項

一度領収した利用料金は特例を除き返却することはできません。

第四項

施設利用料金を支払わずに施設を利用した場合は、法的措置をとらせていただきます。

第三条:法令遵守

第一項

法定初速を超過したガンに関しては施設での利用を認めず、施設スタッフが分解し発射不可の状態で施設側が保管するものとする。その際本人による分解は認めない。また、返却の際は分解された状態で返却を行う。

第二項

第一項にあたり分解、保管の際に生じた破損、紛失に関して施設は一切の責任を負わないものとする。

第四条:危険物の持ち込み

第一項

火器(バーナー、コンロ)、刃物、その他危険物の持ち込みは禁止とする。その他施設スタッフが第三者に危害を与えると判断した場合は、それを回収、保管する。

第二項

貸切においては火器の持ち込みは可能とするが、それに伴った事故、怪我については施設側は一切関与しないものとする。

第五条:入場および利用の制限

第一項

施設は本人の同意を得ずに施設の入場および利用を制限できる。

第一号

本規約に違反した場合

第二号

法令及びその他公的機関により要請があった場合

第三号

施設営業に支障をきたす行為および第三者に迷惑をかける行為があった場合

第四号

その他施設の判断において安全と秩序を保持する為に必要と判断した場合

第五号

予約後の度重なる無断キャンセルが続く場合

第六条:附則

第一項

本規約に定めのない事項については社会常識や商習慣に従い施設にて判断し、これを行う。

第七条 改正

第一項

施設利用規約を含む利用者の遵守すべき全ての規制の改正は施設の判断で予告なく行うことができるものとする。

ページトップ